全国で沖縄のようにたたかおう 会場あふれる連帯の熱気 革新懇つどい 志位委員長が報告

「全国で沖縄のようにたたかおう」―。安倍政権が法も民意も無視して名護市辺野古の米軍新基地建設を強権的に進めようとする中、「沖縄連帯のつどい」(全国革新懇主催)が29日、都内の日本教育会館で開かれました。(志位氏報告詳報


米軍新基地ノー

沖縄からは、高江の米軍ヘリパッド建設に現地でたたかっている日本共産党東村議の伊佐真次・育子夫妻、辺野古ゲート前の座り込みで役割を担っている沖縄県統一連の中村司代表幹事、反戦地主弁護団の仲山忠克弁護士が発言。法秩序の破壊と暴力で基地建設を進める安倍政権に対する非暴力のたたかいを紹介するとともに、全国からの連帯強化を呼びかけました。 つどいには1500人が参加しましたが、会場は開会の1時間前には満席となり、多数の人が第2会場にも入りきれないほど、多くの人が足を運びました。登壇者の発言のたびに拍手と指笛が響き渡り、連帯への熱気がみなぎっていました。

写真衆院沖縄4区選出の仲里利信議員は「戦争体験者として、声が続く限り、沖縄から基地をなくすまでがんばる」と訴えました。

「総がかり行動実行委員会」の福山真劫(しんごう)共同代表は「まなじりを決して、沖縄と連帯し、安倍政権とたたかう」と力を込めました。

沖縄県の翁長雄志知事、名護市の稲嶺進市長からは連帯メッセージが寄せられました。知事は「辺野古に新基地を造らせないため、今後も全力でたたかう」と表明しました。

政党から、日本共産党の志位和夫委員長が報告。「勝つ方法はあきらめないこと。翁長知事、稲嶺市長を先頭とした県民の決意に、全国が連帯してたたかおう」と訴えました。

平和・女性・労働など各分野からの決意表明に続き、歌手の普天間かおりさんが歌声を披露しました。

前島ひでお氏「税金は市民第一に」  さいたま市長選でテレビ討論

さいたま市長選(5月7曰告示、21日投票)の立候補予定者3氏によるテトビ討論会が24日夜、テレビ埼玉の主催で行われました。「みんなのさいたま市をつくる会」の前島ひでお氏と現職の清水勇人氏、元自民党衆院議員の中森福代氏が出席しました。

前島氏は「個人の尊厳と平和を大切にし、税金の使い方を市民第に変える」と強調し、ビッグイベントや大型開発を見直して、税負担の軽減など市民の暮らしを支える市政を実現すると述べました。

清水氏は「市の未来にむけて、歳入を増やしていくための成長戦略」「東日本の中枢都市をめざすとして、ビッグイベントや大型開発の推進を表明。また、2期8年間で民生費を1・8倍に増やし、子育て支援や高齢者・障害者福祉に力を入れてきたと話しました。

これに対し前島氏は、清水市政のもとで「敬老祝い金の半減や難病患者見舞金の廃止など、総額18億円もの福祉予算が削られた」と反論。高い税金や公共料金の引き下げ、保育所の待機児童ゼロとともに「保育の質」の確保、介護施設の増設と職員の処遇改善などを実現すると語りました。

多額の税金を投入し(採算面に不安がある地下鉄7号線の延伸計画について、清水氏と中森氏は推進を表明。前島氏は「長期的視点で見直し、税金は暮らし優先に使う」と表明し、下水道や生活道路の整備、防災対策など生活密着型の公共事業を優先すると述べました。

(「しんぶん赤旗」4月26日付より)

対決構図は「自公対共産党」 首都東京の底力を発揮し、必ず勝利を

東京都議選(6月23日告示、7月2日投票)の必勝をめざし、日本共産党都委員会は4月17日に演説会を開きました。

継続は力 スタンディング参加者 のべ1000人突破!

「戦争法廃止!戦争する国NO!」スタンディングアクションin八潮は、2015年8月22日に130名で始まり、毎月1回八潮駅商業施設駐車場入り口の歩道で行動してきました。第21回の3月26日には雨の中30人が集まり、この間、延べ1011人の市民が参加したこと、世論と運動で南スーダンからの自衛隊撤退が決定したことが報告されました。

「歩道や交差点に立ってアピール、スピーチもします。どなたでも参加できます。ご家族、友人などお誘いあわせてどうぞ。プラカードなど自由にお持ちください」と実行委員会が呼びかけ、子育て中のパパママ、お年寄り、年金者、牧師、僧侶、市議、教員など多彩なメンバーが賛同しています。第22回行動は4月23日(日)、第23回行動は5月21日(日)、第24回は6月25日(日)

長時間労働解消ともに 共産党埼玉県委員会が県内労組に申し入れ

埼労連で懇談する荻原健委員長(左2人目)=13日、さいたま市

日本共産党埼玉県委員会は13日、「長時間労働を解消し、過労死を根絶するために」の緊急提案を持ち、県内の労働組合に協力・共同の申し入れを行いました。

荻原初男委員長や大野辰男書記長らが埼労連、連合埼玉、金労協の県本部や加盟労組の事務所13カ所を訪問。対応した役員に、過労死ラインを超える長時聞労働の合法化を許さず、特例なしに週15時間・月45時間・年360時間を残業時間の上限に法定化することや、勤務間のインターバル規制を導入するなど「緊急提案」の内容を紹介しました。

懇談では「こういう提言を出して、労働組台運動を後押ししていただいていることはありがたい」「インターバル規制の導入は、とても大事な問題」「職場の三六協定では残業時間の上限は月50時間。政府案(月100時間)は長時間労働を合法化するもの」「政府の実行計画は、『働き方改革』などと言えるものではない。長時間労働の解消は私たちも一緒の考えです。お互いに頑張りましょう」などと対話が弾み、共謀罪や教育勅語、森友問題などでも意見を交わしました。

(「しんぶん赤旗」4月18日付より)

日本共産党綱領セミナー/世界と日本をどうとらえどう変えるか 4月23日

日本共産党の衆院・参院予定候補が南越谷駅頭で訴え。4月13日

4月13日。南越谷駅で、日本共産党の衆院北関東ブロックキャラバン宣伝がおこなわれ、衆院北関東比例ブロックの大内くみ子予定候補、小池一徳予定候補、埼玉3区の平野あつ子候補、参院埼玉選挙区の伊藤岳予定候補が訴えました。

C9RuYdIVoAAN9-a - コピー