終戦72周年記念街頭演説 2017年8月15日 笠井亮政策委員長・衆院議員がスピーチ。

2017年8月15日
笠井亮政策委員長・衆院議員がスピーチ。

再生エネ先進県に 茨城県知事選 鶴田候補、原発廃炉訴え

8月27日投票の茨城県知事選(立候補3人)。市民と野党の共同候補、「いのち輝くいばらきの会」の鶴田まこみ氏=日本共産党、新社会党など6政党・団体推薦=は8月12日、終日水戸市内を駆け巡り、元社民党市議らの応援も受け、商店街やスーパー前などで支持を訴えました。

立候補しているのは鶴田氏のほかに、現職で7選をねらう橋本昌氏(71)、新人で元経産省官僚の大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=の2人。

一大争点になっている東海第2原発(東海村)について、鶴田氏は「原発にしがみつく日本は異常。いのちと相いれない原発は廃炉に持ち込み、茨城を再生可能エネルギーの先進県にしましょう」と力を込めました。

茨城の財政力指数が全国8位なのに医療・福祉、教育の指標が最低クラスという実態を紹介し、その原因が大型開発優先の県政にあると指摘。「大型開発をやめれば医療や福祉の財源が確保できる。税金は県民のために使われるべきだ」と、くらし最優先の県政実現を呼びかけました。

元社民党市議の玉造順一さんが応援あいさつ。「橋本県政は不公正。多選の弊害も出ている。行政の私物化は許されない。市民派の知事を誕生させましょう」と必勝を訴えました。

(「しんぶん赤旗」2017年8月13日付より転載)

第54回「しんぶん赤旗」囲碁将棋埼玉県大会のお知らせ

地区・地域・県大会日程image (1)2017年8月10日現在

大会名 開催日 会場
東部南地区大会 9月17日(日)  越谷市中央市民会館
東部北地区大会 9月18日(月祝)  春日部市民文化会館
西部地区大会 9月10日(日)  坂戸市文化施設オルモ
西部東地区大会  9月23日(土祝)  新座市にいざほっとぷらざ
西南地区大会 9月17日(日)  入間市市民会館
川口地区大会
蕨・戸田地区大会
さいたま地区大会 9月23日(土祝)  さいたま共済会館
中部地区大会 10月8日(日)  上尾市コミュニティセンター
伊奈地域将棋大会  9月24日(日)  伊奈町下郷農村センター
北部地区大会 9月23日(土祝)  寄居町桜沢公民館
埼玉県大会 10月15日(日)  北浦和カルタスホール

※伊奈地域大会のみ将棋です。その他は囲碁・将棋大会です。

危機打開のため米朝は無条件で直接対話を 2017年8月12日 日本共産党幹部会委員長 志位和夫

一、北朝鮮の核兵器・ミサイル開発をめぐる米国と北朝鮮の間の緊張が、軍事衝突の危険性をはらむ新たな事態へと深刻化している。

 国連安保理が新たな制裁決議を採択したこと(5日)に対して、北朝鮮は7日、「断固たる報復で対処し、全面的に排撃する」と強く反発した。さらに10日、「アメリカに厳重な警告信号を送る」として、「グアム島周辺への包囲射撃」を検討していると表明し、米国を強く軍事的に威嚇した。

 一方、米国のトランプ大統領は、「北朝鮮がこれ以上アメリカを脅すのであれば、炎と激しい怒りに直面することになるだろう」(8日)、「グアムに何かしたら、誰も見たことのないようなことが北朝鮮で起こる」(10日)などと発言している。

 米朝両国が、直接相手の意図を確かめるすべのないまま、軍事的恫喝の応酬をエスカレートさせることは、たいへんに危険である。それは、当事者たちの意図にも反して、偶発的な事態や誤算による軍事衝突につながりかねないことを、強く憂慮している。

一、世界と地域の平和と安定を破壊し、おびただしい犠牲をもたらす軍事衝突は、絶対に回避しなければならない。

 日本共産党は、現在の危機を打開し、問題の平和的・外交的解決をはかるために、関係諸国に対して、次の諸点を緊急に要請する。

(1)現在の危機がひきおこされた根本は、北朝鮮が、累次の国連安保理決議に違反して、核兵器・ミサイル開発を進めてきたことにある。北朝鮮に、国連安保理決議を遵守し、これ以上の軍事的な挑発行為――とりわけ無謀きわまる「グアム島周辺への包囲射撃」の計画を中止することを強く求める。

(2)米朝両国に対して、強く自制を求めるとともに、現在の危機を打開するために無条件で直接対話に踏み出すように呼びかける。直接対話に踏み出すなかで、核・ミサイル問題を解決する可能性を追求すべきである。この点で、トランプ大統領が、北朝鮮との交渉に関して、「オバマ(前政権)は話すらしたがらなかったが、私は話す。誰かがやらなければならない」(10日)とのべていることに注目している。

(3)日本は、米朝間で何らかの軍事衝突が起こった場合に、最大の被害を受ける国の一つとなる。日本政府は、緊張をさらに高める軍事的対応の強化でなく、米朝の直接対話を実現し、核・ミサイル問題を平和的・外交的に解決するための努力をはかるべきである。

南5区(大宮区)県議補欠選挙に竹腰連氏を擁立

b90f4ba2168956217ec70ab0d833fcad-290x4008月18日告示、同27日投票の南5区(大宮区)の県議補欠選挙(定数1)に、日本共産党は、竹腰連(たけこしれん)氏を擁立してたたかいます。

1991年生まれ。埼玉育ち。杏林大学卒業。学生時代は野球とマジックに打ちこむ。民青同盟埼玉県委員会勤務。県内の青年運動をけん引。「子どもの権利条約に関する国連会議」「核兵器禁止条約に関する国連会議」に市民代表として参加。青年の要求実現と国際的な視野から県政を希望に変えることに挑戦します。

議会改革提案

  1. 政務活動費20%カットとWEBでの領収書公開の義務
  2. 費用弁償は実費に。実現するまで受け取らず返還します

「暮らし、福祉、教育優先の県政へ」

  1. 国民健康保険税の大幅値上げストップ
  2. 認可保育所の大幅増設で待機児童をゼロに、保育の質確保
  3. 県独自の給付制奨学金の創設
  4. ブラック企業、ブラックバイトの規制 

     

「核兵器禁止条約に参加する政府」の実現を

   大宮区から安倍政権NO!の審判を

【広島・志位和夫委員長が街頭演説】 核兵器禁止から廃絶へ――「国連会議」の報告 8月5日

核兵器禁止から廃絶へ――「国連会議」の報告
弁士:志位和夫委員長、大平喜信衆議院議員

【とことん共産党・録画】「ワタナベ・コウさん、ツルシカズヒコさんの日本共産党発見!!」8月3日

【ゲスト】ワタナベ・コウさん(服装家、イラストレーター、漫画家)、ツルシカズヒコさん(編集者&ライター)

【MC・司会】小池晃書記局長・参議院議員、朝岡晶子さん

【赤旗ナイト】「疑惑追及 森友学園・加計学園」 社会部・三浦誠、森近茂樹、岩井亜紀