タグ別アーカイブ: さいたま市長選 前島ひでお みんなのさいたま市をつくる会

安倍政権にノーと言える前島さんこそ市長に 無所属の元大宮市議・栗原公喬さんの訴え

さいたま市長選(21日投票)で、前島ひでお候補(648=無所属新、日本共産党推薦を応援した、無所属の元大宮市議・栗原公喬(きみたか)さん(74)の訴えを紹介します。(13日、大宮駅東口)

この間、いろいろな選挙に関わりましたのが、私なりの政治活動の中心、ここだけは守らなければということが平和です。私は父親を先の戦争でなくしています。国家権力が個人を死なせてしまう。日本があの戦争から得たものは平和です。それを何としても守らなければならないと使命のように思ってきました。

前島さんとは市民活動を通じて二十数年のお付き合いがありますが、憲法を大事にし、平和を守る、ここは完全に共通しているわけで、このことだけでも応援する価値があります。

日本はこの2、3年、異常事態だと申し上げていいと思います。多少の波風があるにしても戦後70年以上、平和憲法に守られて、平和で自由な生活をしてきた日本が、戦前に向かって回帰している。声をあげなければ取り返しがつかなくなると考えています。

市長選もそうですが、どんな選挙でも有権者が国の異常な流れに対してノーという意思表示をすることは、権利の行使としてできるわけです。選挙はいろいろな争点がありますが、平和を明確に主張する、今の国のあり方にノーだと言う候補が第一ではないでしょうか。その意味では、3人の候補の中では前島候補に入れるしかありません。

安全な市民社会をつくりますと言っても、大前提となる平和が崩れてしまったら、何にもならない。ですから、憲法を守る、安倍政権に対して明確にノーと言える方を選ぶのが大事だと思います。

(「しんぶん赤旗」5月17日付より)

安倍政治ノーの意思示す 前島市長候補の訴え

教師生活37年、労働(組合)連動や市民運動をずっとやつてきたなかで、市長選への立候補へ私を動かした一番の理由は、平和と民主市議を脅かすなどしてきた安倍政治に対する怒りです。さいたま市は安部政権に無批判に追随する姿勢です。だから私は、さいたま市から「安倍政治ノー」の意思を示したい。

トリエンナーレ(国際芸術祭)や国際女子マラソンなどのビッグイベントに14億円、巨大開発に年間150億円も(税金を)使うことが、本当に市民のためになっているでしょうか。私はビックイベトや巨大開発優先ではなく、子育てや介護など、市民が求めているところに思い切ってお金を使いたい。そんな「あったかい市政」を実現するために、全カでたたかいます。

(「しんぶん赤旗」5月9日付より)

市民の税金 市民のために 前島候補が駆ける さいたま市長選

さいたま市長選(5月7日告示、21日投票)での勝利をめざず、「みんなのさいたま市をつくる金」の前島ひでお市長候補は30日、地元の同市北区を回り、スーパーや団地、駅前で政策を語り「『あったかシティさいたま』実現のために限張ります」と訴えました。

宣伝カーで市内を回ると、通行人から「頑張ってよ」と声がかかり、手を振り声援を送る人もいました。

前島候補は、清水勇人市長が国際芸術祭「さいたまトリエンデナーレ」などのビッグイベントやJR大宮駅周辺の大型開発に多額の税金を投入していることを批判し「市民の暮らしのためにお金を使うべきだ」と強調。教員を37年務めた経験から「子育てと教育の充実に力を尽くしたい」と表明し、学校給食費の無料化や認可保育所・学童保育所の増設などを話しました。

演説に「そうだ」と声援を送っていた男性(69)は「清水市長は開発やイベントにばかりお金を使うし、税金の使い方がおかしい。待機児童が増えているから、そういうところにお金を使うべきだと思う。前島さんの政策は全部いい」と述べました。

(「しんぶん赤旗」3月31日付より)