暮らし・平和願い託して/埼玉・吉川市議選告示 4氏が訴え

佐藤せいじ候補

遠藤よしのり候補

小林あき子候補

雪田きよみ候補

定数20に対し29人(共産4、自民7、公明3、市民ネット1、諸派1、無所属13)が立候補する多数激戦になった埼玉県吉川市議選(24日投票)。日本共産党の、佐藤せいじ(65)、遠藤よしのり(64)、小林あき子(65)=以上現=、雪田きよみ(55)=新=の4候補は、17日の告示第一声で「暮らし、平和の願いを日本共産党に託してください」と訴えました。

4候補は、保育料の引き下げ実現などの実績を紹介して共産党市議団の役割を強調。18億円以上ある財政調整基金などの財源の裏付けを示しながら、国民健康保険税の1世帯1万円引き下げや介護保険料の負担軽減、30歳からの乳がん検診実施、小中学校全教室へのエアコン設置などの政策を語りました。

おくだ智子参院比例候補と、伊藤岳参院埼玉選挙区候補が応援に駆けつけ、「暮らしを守る4人の市議団を必ず議会に送り出してください。日本共産党の勝利で安倍政権の『戦争する国づくり』にノーの審判を下しましょう」と訴えました。

自民党、公明党も国会議員が入り、各陣営へのてこ入れを強化しましたが、戦争法廃止を求める市民の願いには応えませんでした。

(しんぶん赤旗2016年1月19日付より)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中