最賃アップは正義 東京・新宿 若者らがデモ

写真

(写真)「最低賃金を1500円に上げろ」とデモ行進する若者たち=17日、東京都新宿区

最低賃金を時給1500円にするよう求め、学生や若者が集まる「AEQUITAS」(エキタス、ラテン語で「正義」「公正」の意味)は17日、東京都新宿区でデモ行進しました。

700人が参加し、ラップ調で「最低賃金1500円、上げろ」「中小企業に税金使え」「派遣法改悪いますぐ撤回」「増税するな」とコールしました。

メンバーの男性(26)は「非正規雇用やブラック企業が広がり、しんどい社会になっている。もう我慢しない。安倍政権は戦争法以外の政策も許せない。求めるのは、最賃アップと中小企業支援だ」と訴えました。

サウンドカーの上から大学1年生の男性(19)は「いまの最賃(全国平均798円)では、フルタイムで年収200万円に届かず、生活できない」と要求の正当性をアピールしました。

エキタスの一員で山梨県の大学2年生の男性(20)は「時給800円で福祉施設のアルバイトをしているが、中小企業を苦しめているのは最賃ではなく、社会保障を削り、地方を切り捨てる政治だ」と語りました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中