国民連合政府に賛意/党埼玉県委 県労連訪れ懇談

伊藤議長(左端)、宍戸事務局長(その隣)と懇談する、(右から)おくだ、荻原、伊藤の各氏=2015年9月25日、さいたま市

日本共産党埼玉県委員会は、戦争法廃止へ共産党が提案した「国民連合政府」の実現に向けて、県内各団体を訪問し申し入れを行っています。25日は荻原初男委員長と伊藤岳参院埼玉選挙区候補、おくだ智子参院比例候補が県労働組合連合会(埼労連)を訪れ、伊藤稔議長、宍戸出事務局長と懇談しました。

荻原委員長は、戦争法案ストップの運動が国民のなかから自発的に起こり、法案強行後も続いていることや、野党が結束してたたかったことなど、運動の特徴をあげ、戦争法廃止の国民の運動、願いに応えるために「国民連合政府」を提案したと語りました。

伊藤議長は、戦争法ストップのたたかいを通じて、国民が主権者として立ち上がるようになり、国民の運動が野党の結束をつくり出していると述べました。「国民連合政府」の提案に賛意を表明し「迷っている民主党などの野党に、共産党の呼びかけに応えるよう働きかけることなどを考えたい」と語りました。宍戸事務局長は、「オール埼玉」など県内の戦争法廃止の運動に労組として取り組んでいくと話しました。

(しんぶん赤旗2015年9月26日付より)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中