戦争法案許しません「子どもの命守るため」/さいたまレッドアクション 750人パレード

「暴走政治をストップさせよう」とパレードする女性たち=2015年8月31日、さいたま市

さいたま市で31日、戦争法案廃案を訴える「第3回戦争をゆるさない女性のレッドアクションinさいたま」が開かれ、750人が参加しました。県庁からJR浦和駅までパレードしました。

埼玉会館での学習会では、小林節・慶応大学名誉教授が講演。立憲主義を覆す安倍自公政権を批判して政権交代を主張しました。

リレートークでは、安保関連法案に反対するママの会・埼玉」の佐藤真由果さん(39)=さいたま市=が「子どもを産み、育て、次世代の架け橋を日々つないでいるのが私たち。子育てには戦争のない社会が第一の前提条件です」と語りました。

日本共産党の梅村さえこ、民主党の小宮山泰子両衆院議員があいさつ。梅村氏は「子どもたちの命を守るために、力を合わせて廃案に追い込みましょう」と訴えました。

共産党から柳下礼子、金子正江、前原かづえ県議と、おくだ智子参院比例候補も参加しました。

(しんぶん赤旗2015年9月1日付より)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中