市議選告示 全員当選必ず/埼玉 20市で11議席増めざす

埼玉県で、日本共産党は、川越市(定数36、立候補47人、うち共産党5人)、川口市(定数42、3減、立候補57人、うち共産党7人)、越谷市(定数32、立候補44人、うち共産党4人)、所沢市(定数33、3減、立候補40人、うち共産党6人)など20市で60人(現36、元4、新20)が立候補し、現有49からの11議席増をめざします。
川越市議選では、川口ともこ、かきた有一、こんの英子=以上現=、池浜あけみ、長田まさき=以上新=の5候補が立候補し、現有4から5への議席増に挑戦します。
このうち、川口候補は西武新宿線南大塚駅北口で第一声をあげました。都市計画税や介護保険料、給食費などを引き上げ、市民に負担を押しつけてきた弱い者いじめの現市政を批判し、「共産党の議席は市民の切実なくらしの声を議会に届け、改善させていく確かな力になります」と強調しました。
そのうえで、安倍政権の暴走政治を厳しく批判し「何としても5人全員当選し、『戦争立法』などの安倍政権の暴走にストップをかけます」と訴えました。
聴衆からは「よーし」「頑張れ」と声援と拍手が送られました。

自民党は、多くの市で議席増をめざして多数立候補し、議席増をめぐっても「自共対決」が鮮明です。公明党は多くの市で現状維持、民主党は前回から大幅に立候補者を減らしました。他陣営は「共産党は大丈夫」と口コミで共産党支持切り崩しの動きを強めています。
(しんぶん赤旗2015年4月20日付より)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中