「廃止されれば学校にも通学できなくなり、死活問題」 党県議団が住民の声 国交省に届ける

米投資会社サーべラスによる西武鉄道5路線等廃止提案の撤回を国土交通大臣に申し入れ

2013.04.02(Tue)

20130403063812d2fs 20130403063811b20s
日本共産党埼玉県議会議員団は、所沢市議団、飯能市議団、秩父市議団など関係する党地方議員と一緒に、国土交通大臣に対して、サーべラスによる西武鉄道5路線の廃止提案の撤回について申し入れを行い「国は、国民の生活に深く関わる公共交通機関である5路線廃止の撤回のためにあらゆる努力を尽くしていただきたい」と強く要望しました。参加者は「廃止されれば学校にも通学できなくなり、死活問題です」などの利用者の声を届けました。塩川鉄也衆院議員が同席しました。

広告

コメントは受け付けていません。