比例代表制への抜本的改革を求める 志位委員長が会見

【会見】 日本共産党の志位和夫委員長は28日の記者会見で、衆院選挙制度をめぐる違憲、無効判決が相次いだことを受け、小選挙区制をなくす抜本改革の決断をすべきだという見解を表明しました。

20130328_shii.jpg
動画を見る

 

広告

コメントは受け付けていません。