「もんじゅ君」インタビュー 「しんぶん赤旗」5月14日より

2012年5月14日(月)

「もんじゅ君」インタビュー

原発ゼロ訴え 東京のデモに出没

 「ありがとですだよ」「ナトリウム冷却中ですだよ」―。独特の言葉づかいで、原発や放射能について分かりやすくツイッターで発信する「もんじゅ君」。高速増殖炉もんじゅをもじった、ゆるキャラ「もんじゅ君」は、いまや9万人のフォロワーを擁し、子どもからおとなまで、大人気のアカウント(@monjukun)です。ツイッターでの交流やいま伝えたいことなどインタビューしました。


図

 もんじゅ君 福井県敦賀市在住。原発銀座生まれ、MOX燃料育ち。実際の高速増殖炉もんじゅは、1995年にナトリウム漏れ・火災事故など、事故続きで停止中。もんじゅ君も自らを「毎日が夏休み」と表現します。全国に50基ある原発を「原発フレンズ」と呼び、「みんな隠居したいといってますですだよ」と気持ちを代弁。

 ホームページでは「もんじゅ君音頭」などの音楽も配信中。
http://monjukun.com/


はやく廃炉になって「ご隠居」しなくちゃ

写真
(写真)デモに参加し、東京・渋谷の街を歩いたもんじゅ君

  つぶやき始めたきっかけはなんですか?

  怒りと悲しみ、かなぁ…。放射能汚染の怖さ、悲しさ、それを素直に口にすることのできない「空気」への怒りですだよ。始めたのはちょうど1年まえの5月です。

  もんじゅ弁は独特ですね。

  よく「なんで『ですだよ』っていうの?」ってきかれます。これはツイッターで、目上の方や被災地の方、避難されている方とやりとりしているうちに、ゆるキャラとしてどうやって敬語をつかえばいいのかなって悩んで、あみだしたんですだよ。

  つぶやきに対する反応はどうですか?

  えっと、みなさんあたたかいお言葉が多くて炉(身)にしみます。とくに「2歳のチビも、もんじゅ君が大好きです」「小学生の息子も、もんじゅ君のツイートを読んでニュースを理解しています」という、お子さんのいる女性からの感想にはジーンときちゃうし、福島にいらっしゃる方や、福島から自主避難されている方からのご意見には、お返事のしようもないくらい…。みなさんそれぞれ苦しんでいらっしゃいますだよ。なにもできないけど、ときどきそういうお声をRT(拡散)して、ご紹介だけでもできたら、と思っています。

  事故を起こした「ふくいち君」(東京電力福島第1原発)や再稼働が問題になっている「おおい君」(関西電力大飯原発)についてどう考えますか?

  うん、ふくいち君は、何度も「危険なんじゃないか」って指摘があったのに、東電さんたちがそれをムシして動かしつづけて…、本人(炉)も悲しんでますだよ。おおい君は、「絶対に働きたくない」っていってるの。「安全対策っていったって、プランをだすだけでオッケーだなんてヘン!」って。

 ボクや、おおい君の地元・福井県は、若狭湾がほんとうにうつくしいの。このキレイな海をまもるためにもボクたち原発フレンズは、はやく廃炉になって「ご隠居」しなくっちゃ。うまれかわれたら、サハラ砂漠のソーラーパネルになって、愛される、ひとをきずつけないエネルギーになりたいな。

  いま一番伝えたいことは何ですか?

  うーんと…、原発の話って考えたくなくなることもあると思うんです。でも、見ないフリしないで、知って、みんなで話して、アクションしていこうね!っていいたいな。

 あと、「ヘンだな」と思ったことを「ヘンだな」っていえる世の中にしてかなくちゃ。たとえば友達にひとりだけ意見のちがう人がいても、それをからかったり仲間外れにするのはヘンなこと。そうやって「みんなとちがう意見をいうのはヘンなことだ」っていう空気がキケンだと思うの。ふくいち君だって「危ないよ」って指摘をムシしつづけて、事故が起こっちゃってるんだもん。

  伝える中身がわかりやすいと評判です。情報はどうやって仕入れているんですか?

  えっと、基本的にはふつうのひとと同じです。ボク、ふつうの報道にもだいじな情報はいろいろ出てると思うの。ただ、あつかいが小さくて目立たないだけ。だけど「電力不足」みたいに電力会社さんが原発維持のためにアピールしたいことは、テレビや新聞で何度も流されて強調されるから、まるでそっちが「ホント」みたいに思いこまされちゃうんじゃないかな。役立つ情報を注意深くひろって、それをちびっこの方にも伝わるような言葉に翻訳しなおしてつぶやくようにこころがけてますだよ。

  東京・渋谷でのデモにも参加しましたね。

  はい、みなさんなごやかに歩いていてほんとうにいいデモでしただよ。アジカンのゴッチさんみたいな有名なミュージシャンの方々がさらっと一般にまじって歩いているのがとても心に残りました。ボクもまた行きたいな。

広告

コメントは受け付けていません。